So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

親が子に授ける最初の贈り物。 [雑記]

それは名前だと思います。

生まれながらに授かる個々の名前。

皆さんはどぉ受け取っていますか?


これは私自身の名前についての出来事です。


それはバイト中の出来事でした。

接客業(飲食店)と言う事もあり、色々な方々と話す機会があります。

そっけない態度の人も居れば、きさくに話してくださる方。

どちらが良くて、悪いとか無いと思うんですけどね。


今日はとてもきさくな方でした。

お腹を大きくした妊婦さんと、お母さん

ごく普通の幸せな風景です。

そんなお客様も一通りお食事を終え、食後のデザートを提供しに

伺ったときの事でした。


『美味しそう』や『ありがとう』『どういたしまして』・・・などなどと

お話させていただいている時に突然妊婦さんのお母さんから


 『あなた今年は運が良いわよ』


と言われたのです。

思わず私は『えっ?』っと聞き返してしまいました。

続けてそのお母さんは


 『去年は駄目だったけどね』


と、嫌味でなく何か諭すように優しい表情で語りかけてきたのです。

私はその瞬間、何かに救われたような思いでした。

私は顔を赤らめて何度も『ありがとうございます』と連呼していました。

失礼かとは思ったのですが、抑えきれずに私は


 『こんな事話して良いのでしょうか・・・』


と、質問したげに伺ってみました。

そぉするとそのお母さんの娘さんが


 『良いんです』


と、全てを見透かしたように優しく頷きました。

続けて私が

 『学校に通いながら、就職活動中なんです・・・』

と、尋ねるとそのお母さんは

 『今年は良いから大丈夫』

と、言って下さいました。

そして続けてこう言って下さいました。


 『だってあなた、名前が素敵だもの』


そぉ微笑みかけて言って下さいました。


私は両親から授かったこの名前を、こんなにもストレート

暖かい言葉で褒めて下さった事に感謝しています。

きっとバイト中で無ければ泣いていましたね。


いつかまたこの方々にお逢い出来る機会が来るときの為にも

私はきっと夢を叶えようと心に誓いました。

そしてこの名前を授けてくれた両親にも、心から

感謝の言葉を贈りたいです。


 “ありがとう”


と。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。